トピックス

TOPICS
  1. HOME
  2. トピックス
  3. Design
  4. 【デザイン基礎知識】印象が伝わる色選び

トピックス

【デザイン基礎知識】印象が伝わる色選び

69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

WEBサイトをデザインするときに、どんな色が使われているかで、見ているユーザーに与える印象はガラリと変わります。ターゲット層が好みそうな色で、クライアントのニーズにも答えられる色を選ぶのは難しいものです。

かと言って、色が決まらなければ、作業に入ることができません。どの色が良いのか、悩んでしまいがちな色選びについて、配色のパターンを4つご紹介します

1.補色を使う

とりあえず一色が決まったら、次の一色は補色を選んでみましょう。補色は色相環の真逆にある色なので、アクセントカラーでワンポイントに使用したりすると鮮やかに見えます。ただ、ぴったり隣り合わせに補色を使ってしまうと、色の境目がチカチカして見えづらくなる(ハレーション)ことがあるので、境界線にモノトーンなどのクッションをいれた方がいいでしょう。

2.トーンを変える

こちらも最初の一色が決まってから、次の色を選ぶ考え方です。選んだ一色目から、トーン(明度と彩度)を変えて違う色をつくる方法です。モノクロマティックカラースキームと言い、同系統の色を使うので、サイトに統一感を持たせることができるシンプルな方法です。

3.補色より少しだけずらした色相の色を使う

補色は互いの色を引き立ててくれるのですが、ハレーションが起こってしまうため、少しだけ色相をずらした色を使う方法があります。色相環でメインカラーの補色と隣り合う2つのカラーを選ぶ方法をスプリットコンプリメンタリーと言います。

4.色相環で正三角形に配置された3色を選ぶ

大きく変化した配色を使うので、強い印象を与えることができます。均等に変化しているため調和も取れるのですが、4色目を追加するのが難しい反面もあります。

おまけ 色相環で十字に結んだ4色を選ぶ

選ぶのは基本的に3色と書きましたが、デザインを作っていて3色では足りない事はよくあります。例えば、同じレベルでニュアンスを変えて伝えたいときは、テトラディックという色相環を4分割した色を使う方法があります。多色を使うと賑やかな印象を与えることができ、パッと見て「いろんなことをやっているんだ」という印象を与えられます。補色を使うので、ハレーションが起こらないように注意しないといけません。

PAGETOP